HIROSHIMA 1958 エマニュエル・リヴァの広島展

映画『ヒロシマ・モナムール(邦題:二十四時間の情事)』の主演女優エマニュエル・リヴァが撮影した1958年の広島の写真の発表を中心に、記憶と忘却のテーマを扱います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私家版 ヒロシマ、メーロス
Hiroshima Melos / Requiem for what’s-his-name

m.gif

2008年、62min.
構成/監督:宮岡秀行
撮影:浦田秀穂、西原多朱
原作:原民喜『夏の花』『鎮魂歌』『原爆被災時のノート』より
朗読(ナレーション):野村喜和夫
音楽:細川俊夫《前奏曲「夜」—ヒロシマ・声なき声I—》
《死と再生—ヒロシマ・声なき声II—》
製作:スタジオ・マラパルテ
出演:細川俊夫、広島交響楽団、ひろしまオペラルネッサンス合唱団

映画『ヒロシマ・モナムール』から半世紀、ヒロシマが紡いだことばと音楽によるメーロス(旋律)が誕生した。
2005年、戦後60年に演奏された細川俊夫の「ヒロシマ・声なき声」と、自らも被爆者であり、その壮絶な体験を記した原民喜のテクストを織り交ぜながら、カメラは演奏会から2年後の「美しい死の岸」を映し出す。
あの日からなにが移り変わり、消え去ったのか? 久方ぶりに郷里の広島に目を向けながら、宮岡はふたつの夏を記録し、ふたりの芸術家の世界を映像で結びつけていく。
なお本作は、原民喜が幼少期を過ごした京橋界隈でも撮影され、小説『夏の花』と大胆な映像感覚による詩的感性の深い共鳴として、高い評価を受けている。

戻る
スポンサーサイト
きみはヒロシマで何も見なかった —第一章—
Tu n’as rien vu à Hiroshima --chapitre un--

nanimo.gif


2001年、30min.
監督/立案:諏訪敦彦
撮影/編集:宮岡秀行
引用映画:『H story』(監督:諏訪敦彦/2001年)
製作:スタジオ・マラパルテ
出演:諏訪敦彦、竹岡尚子

広島に生まれたひとりの男が、ある出来事を通して、片仮名でも漢字でもなく、ひとりの人間にとっての現実感を伴った“広島”に辿り着こうとする。
ある出来事とは、広島に住んでいながら、そこに根付くことが出来ないある女との、深く短い関係である。
男は女を愛したのか、女は男を選んだのか、二人は傷ついて別れたのか、それとも出会ったから、別れるのか。
本作はスタジオ・マラパルテの宮岡と劇映画『H story』のヴィデオシナリオとして構想され、映画の完成後、改めて再編集されたものである。
なお、諏訪敦彦の『H story』は、『ヒロシマ・モナムール』のリメイクを試みた作品である。

戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。