HIROSHIMA 1958 エマニュエル・リヴァの広島展

映画『ヒロシマ・モナムール(邦題:二十四時間の情事)』の主演女優エマニュエル・リヴァが撮影した1958年の広島の写真の発表を中心に、記憶と忘却のテーマを扱います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
リヴァ広島展終わる!

7日、14:08、HIROSHIMAより
リヴァさん一行、東京へ発たれました。
なにはともあれ無事に過ごされてよかっと思います。
別れ際、「素晴らしい」と感謝されましたこと、
ご報告します。
また各会場とも展示も終了いたしました。

リヴァさん一行の広島滞在時、
5日のシネツイン舞台挨拶、市長表敬訪問、
広島市市政記者クラブでの記者発表、
6日のトークショー、レセプションと
いずれも多くの方々に参加していただき
盛り上がったこと感謝いたします。

特にトークショーは予想をはるかに超え、
会場は立ち見の人も含め超満員、
入場をお断りした方々もあり、
ご迷惑をおかけしましたことお詫びいたします。
でも内容は、実に良いものとなったと思っております。

これも皆様のおかげと改めて感謝いたします。
まずはご報告まで。

事務局 拝

riva-butai.jpg
リヴァさんシネツインで舞台挨拶

riva-shityou.jpg
秋葉忠利広島市長へ表敬訪問

riva-kisyakaikenn.jpg
記者会見

riva-click.jpg
リヴァさん一行 クリックファーム会場にて

riva-kokusaikaigijyou.jpg
リヴァさん、映画の舞台になった昔の新広島ホテル、現在の国際会議場にて

riva-ireihijpg.jpg
原爆慰霊碑へ献花

riva2-3.jpg
リヴァさんトークショー会場へ
riva2-1.jpg
リヴァさんと港さん
riva2-2.jpg
超満員のトークショー会場
riva2-4.jpg
レセプションにて

PS まだまだ写真集、グッズ等販売しております。
事務局、ギャラリーG、クリックファームまで
お申し込みください。

HIROSHIMA 1958 エマニュエル・リヴァの広島展 報告。(近日中に追加情報掲載予定)

■コラム覧(本プロジェクトに関連するコラム掲載)  NEW!
■投稿文
ヒロシマ…その不可能性としての記憶~
『ヒロシマからヒロシマへ』
by 石丸 良道

■投稿文
『ヒロシマ・ヌヴェール ── 記憶と独白』
by 大井健地 (美術評論家・広島市立大学教授)

HIROSHIMA 1958 エマニュエル・リヴァの広島展について

◆写真展記念グッズ・好評発売中!

★ポスター =2,000円 ★ポストカード12枚セット=2,000円 ★カレンダー=1,500円  
kyousan-goods.jpg


*下記の場所で、購入できます。
◎写真展各会場(12月7日まで)
◎広島市現代美術館、ひろしま美術館、泉美術館、広島市交通科学館
フタバ図書、金正堂、廣文館、ジュンク堂書店広島店、紀乃国屋書店広島店、リブロ広島店
シネツイン本通り、フォアヴリエール、ピカソ画房、多山文具…

市民でつくる写真展 
HIROSHIMA1958「エマニュエル・リヴァの広島」展 
プロジェクトのためにサポートをお願いします!
サポート協賛の募集

HIROSHIMA1958「エマニュエル・リヴァの広島展」サポーター会議
サポーターを募集しています
サポーター会議説明会のレポート


7/12~9/7
HIROSHIMA 1958-プレリュード

8/2
水辺の写真展
水辺の写真展のレポート

8/2
京橋川通り・夏の映画祭り
 →きみはヒロシマで何も見なかった —第一章—
 →私家版 ヒロシマ、メーロス
映画祭り-レポート

8/2~8/8
「ヒロシマ・モナムール(邦題:二十四時間の情事)」
上映とロビー展示


■HIROSHIMA1958『エマニュエル・リヴァの歩いた道』@江波-レポート

■リヴァ展 スケジュール



スポンサーサイト
■コラム
このコーナーは、『HIROSHIMA 1958「エマニュエル・リヴァの広島」展』に関連するコラムを掲載しています。


ヒロシマ…その不可能性としての記憶~
■投稿文
『ヒロシマからヒロシマへ』
by 石丸 良道


■投稿文
『ヒロシマ・ヌヴェール ── 記憶と独白』
 
大井健地
(美術評論家・広島市立大学教授)

マルグリット・デュラス『ヒロシマ私の恋人』清岡卓行訳、ちくま文庫1990、を携えて、
アラン・レネ『二十四時間の情事(ヒロシマ・モナムール)』日仏合作1959を観る。映像の
光による、闇のなかのメモワールと私的なモノローグを記す。

草の根がはう地面、亀裂のある砂地。そこに銀吹雪が降る。輝く白い灰が舞う。
画面は水の飛沫を浴びた粘りのある肌。焼けた黒い皮膚の地に。そこに結晶体のような芝草が這いのびる。
スクリーンは汗を噴き出してからみつく肌。
灰と、雨と、露と、汗と…。

「きみはヒロシマで何も見なかった。何も」。
私は見る。「たとえば病院」。折り紙で満ちた病室。壁に掛けられ天井に吊るされ紐を巡らして切り紙を飾った被爆者の部屋。「カメラの最高の冷たさにおいて捉えられ」た無表情な像。
 私は行く。「4回、資料館に」。原爆ミュゼ、広島原子館、A-bomb Meuseum、ピース・メモリアル・ミュージアム。
肉のような鉄、水のようなガラス、破裂した石。摂氏一万度、一万個の太陽が現われたみたいに。
石と、髪と、爪と、血と…。
ヒロシマについて再構成された、創造的になろうとした対応の日本映画の、たとえば関川秀雄「ひろしま」の、女教師役の月丘夢路はなんにもできない。何も誰も出来ない──といいたいほど。今も? 全てが?

「泣く以外何か、できる?」何か、できますか、泣く以外に。何ができるでしょうか、泣くことだけです。何があなたにできますか。私は泣けます。
 しかし、いったい全体、私たちは何について泣いたというのか?」明日泣くことがないために。

「二日目に、と『歴史』は伝えているのよ」。
「全て君の作り話」。
でたらめのオハナシ、「かりそめに生き残った人」らの?

爆死者の語る話は事実、聞けない。爆心に飛んだ蚊は事実、消えた。

深い深いところから、みみずと蟻が地表に出てくる。それに何匹かの犬。
矢車菊と、グラジオラスと、朝顔と、昼顔と、そしてヤブカンゾウではなくなぜか朝顔。

頭を下にした、白眼の外洋魚。焼津3・1のまぐろが男性の生殖能力を問う。

「人権はどこに」。フランス映画なのだ。歴史的な人権の意識が貫かれている。
ところが「私は見たわ、ヒロシマのひとびとは、まるで不当な運命に甘んじていたわ」。「失明せる被爆者の店」という看板の小屋、原爆のみやげというグロテスクな小物が商品である。「ATOMIC TOUR」とある観光バス。捨てられたPeaceの箱。河、七つの支流から成るデルタ。「本通五丁目」という住居表示、「アトラキシン」という名の商品。(「ハッピー」という名の?)パチンコ屋。映像にはじめて出演者の顔が出る。岡田英次とエマニュエル・リヴァ。その時ふたりははじけるように笑い声をたてる。ハハハハハ。ややあってリウ゛ァは岡田に 族名ないし国籍を問う。岡田は自信満々と生粋の日本人だという、キッスイの。
 男、年齢ははぼ40歳。「西洋化された顔」の「インターナショナル・タイプの男」をデュラスが選んだ。彼が吸うタバコは今はもうない、いこい。仕事は建築、政治。大革命の研究者。
 女、32歳。女優。映画出演のためにヒロシマにいる。その前はパリ。パリの前は、ロワール河沿い、人口4万のヌヴェールにいた。ヌヴェールでドイツ兵士と愛しあったことによって髪を刈られた。服を着た彼女は怪しげな、赤十字の看護婦になりかわる。
 「〈永遠の戦場の永遠の看護婦……〉」。
きみは・起させる・僕に・愛したいという気持ちを・すごく。
 新広島ホテルの前、タクシーを待つ間、
 男「どこかで、何日か、いっしょにじっとしていたい、とても」。
 女「私も、よ」。
 だが、
 だめ、行かねばならない。家族の待つパリへ戻らねばならない。とりあえずは仕事に、出かけねば。
自動ドアではない自動車だから、人間が自力でドアを開ける。「平和広場へ」。
 ヒロシマの運転手なら現実的にこう答えてよい。ここが平和広場、お客さん、平和公園にいるあなたを乗せる理由がない。

 ふたりはともに配偶者に恵まれたと自称する既婚者。疑わしい道徳の持主が、他人の道徳を疑えば、この愛は不倫であるか。つかの間か永遠か。ありふれた関係か滅多にない男女か。
 キ・エテ?(誰、あなたは?)、それは狂女かといぶかる、広島駅の老女が「この人はどなたで?」と問うのと対応する。
 夜明け四時に決まって咳をするのはこの新広島ホテル(現・国際会議場敷地)の隣室の客人か、または公園内河畔の住人かと曲解したがシナリオでは毎早朝の同一通行人(つとめ人)である。リヴァ宿泊の部屋の窓の下で咳をしていくのである。姿は見えない、だからこそ奇妙にリアルな、ああ、広島の人の咳の音声。
 
 あの時ヒロシマにいなかった幸せ者の話は続く。
 フランスできみにとってヒロシマが、全ての戦争というものの完全な終りを意味するものに…なってほしかったのだが。どんな映画にきみは出る?
 「ヒロシマで平和以外の映画をつくるかしら?」ヤクザ映画はどうかしら。
 ヒロシマは,全く単純に教化的な説得的な、平和についての映画を撮影する権利を有する。
 だが世界の現実においてはこの教化と説得が成功したとみなすことはできない。ヒロシマのひとびとは、当地で撮影された平和についての映画を、慣れるほどには見てない。どころか、平和についての映画製作そのものが年々減っていると思える。
 「ヒロシマなら反戦映画を受け入れる」とは好戦映画に対してと同様、単純に言えない。私見をまじえれば、ここヒロシマでもひとびとは平和についての映画を馬鹿にすることはありえる。
被爆者は、あんなもんじゃあないと言ってきた。
 見るということ、それは習得されるもの。
 「見ることは身につくか」。見ることを身につける。見ることを学び身をつくる。身になることを見ることで習得する。
 舌を出したアインシュタインの像は見なかった。
 ふたりのナレソメも、ナリユキだってほとんど。配偶者も子どもも全く。そもそもこのふたり以外には誰も。一切の関係者がスクリーンに登場しない。ひたすら当該ふたりの今、現在、この時のみ。見ようにも見られない非自然主義。ミダラもない、ベタツキもない。なぜなら、実験的にこの愛を創造したいからだ。平和広場に託されたヒロシマ国際寓話。
 ジョヴァンニ・フスコの映画音楽はときに江戸八百八町の泰平を歌うようなのどかな曲調になったりもする。広島まつり、元禄踊り。幟り、提灯。「うまい酒なら千代の春」。フスコの音楽はお囃子を取り入れる。「ア・ヨーイ・ヨイ・ヨイトサ」。
 急須(小さな土瓶である)に入ったコーヒーをカップに入れてくれるリヴァ。和服のひとつである浴衣(ユカタ)を着た彼女に異人性(“へんな外人”)は感じない。すでにあなたはもうしっくりとヒロシマの人。ふたりでホテルのシャワーを浴びながら男が高らかに宣する。「ハハハハハ、きみは美人だ」。光線の工合でリヴァの眉が戦時の独逸将校の彫りの深い陰影の顔だち、または拡げた鷹の翼を思わせたが、それはまたヌヴェールにおける一兵士の死から引かれた歴史地理の補助線の影でもあったか。
 メーデー行進の隊列。プラカードには日本語のほか仏語さらに独語もあった。(英米語もあったか)。デモ隊のものには「MSA反対」(MSAとはMutual Security Act、1954年締結の日米相互防衛援助協定)とある。ワッショイワッショイの掛け声の渦まく隊もある。子どもの持つプラカードのスローガンは仮名書きだ。「せんそうはしないでください」。平和広場の猫は集団示威行動に慣れていない。平和広場の猫はおだやかに姿を隠す。あるいは敏捷に去る。
 原爆映画被害者役の、見かけだけのケロイドを背中に細工したボロ着の汚れた男が隣にいる。彼は不意に現われた復員兵のようでもある。

男の妻は旅行中で、その場所は雲仙である。なぜならデュラスが知っていた著名観光地がそこUNZENだったからだろう(デュラスは広島の太田川の河口から太平洋が始まると思ったようである)。妻が留守の男の家にリヴァは誘われる。彼の書斎の本棚には多数の重厚な書籍が並んでいたが,私がしかと判読できた一冊は『芭蕉』。

 ドーム西、相生橋際にあったティールーム「どーむ」で今迷える恋人たちのでーとは続く。「まだ16時間ある」。「ひどく長い」。ヒロシマは終らず太平洋は始まらない。その頃はやりのジューク・ボックス。みよし正宗のネオン。
「あの頃は若かったわ!」と女が叫ぶ。
 国家への忠誠と国を超えた個人の愛。戦争を始めるのは国家だが、愛の始まりは個と個。私たちは知っている、愛情は、そして友情ですら、国家を捨てる勇気をくれること。「ふるさとは、忘れることができる」*1。だがモナムールは、とりわけ、はじめての。だがそれすら忘れられる!
 「私の初恋だったのよ!」と狂女は叫ぶ。男は女のほおをぶつ、パン,パーン。店内のみなが注視する、アップ。シュール技法。2回の平手打ちは医療的手段であったと私は判断するが。「どーむ」店内には「あなたを恋してる」という俗曲が、忘却の恐ろしさと無縁に、流れている。
 「ヒロシマでは夜が終らない」と男が言ったあとカフェ「どーむ」はカンバンになって*2勘定の時となる。
 再会もなく忘却して死ぬだろう、ヌヴェール・ヒロシマ。忘却とは忘れることなり、ヒロシマ・ヌヴェール。
 闇のスクリーン、夜のミュージアム。
 「ほら(ヒロシマ、あなたを)忘れたわ」。

 私は以後のシーンは、広島駅の老女の秀逸な場面を除けば基本的に要らないと思う。別れ際のあとぐされ、キヌギヌの往生際の悪さに観客はつきあわされる。
 「とるにたらぬ少女、ありふれた恋の話」、一面燃り、だが反面、これは平和についての、平和をつくるためのまことの愛欲の映画たりたいのだ。
 「やがてあなたはひとつの歌になる」、然り、そうなりたい。
 ふたりの終らぬ夜の彷はアッチコッチ、狭い広島の街路を新劇的に点綴する。
 「FUKUYA」前。「積善館」横。映画館では、「月光仮面」と「絶望の死闘」の二本立て。「CINEMA LITTZ」はこの先。「印度カレー」前。そして広島駅待合いのベンチ。「東京行き、東京行き、一分間停車」のアナウンス。*3
 駅構内の長椅子に陣どる、あのヒロシマのおばあさんこそ、この映画随一の役者。だって彼女はヒロシマを股いで、倣然と生きてきてここに居る。生きることはラブ・アフェア(情事、いろごと)の忘却だというなら、このおばあさんこそ全面に出さねばならない。
 老女「この人はどうされた人ですか」
 男「フランスの女優さんです。平和のことを演じました。ヒロシマに共鳴して気がふれたようになっています。そうであればこそ僕たちは愛し合ったのですが、今は別れです。終息をどう結論づけるかで葛藤しているのです」。
 駅から女は車でひとりナイトクラブ「casablanca」へ。跡を追って男も入る。三級スリラー活劇漫画っぽく。ハイボール注文。中に池をしつらえた広い店。ヒロシマのキザなヨタ公が接近、まといつく。ナンパことば。
 「It is very late to be lonely?」
 ヨタ。英語できるん?

 平和広場を舞台にある男女の、ある出会いの瞬間による、これは哲学的に発展しうる普遍的オペラ。ヌヴェールの不幸を回想することによって壊滅都市の再生を告知する。ヌヴェールの悲しみを引き継ぐことは再生ヒロシマの純度を高める。死と戦争と都市の惨渦、その負の遺産都市に生まれる愛の力、詩的な思索の映像作品化。
 「ヒロシマ。それがあなたの名前」。
 「きみはヌヴェール・アン・フランス」。

*1 清岡卓行の詩「地球儀または一九六一年一月九日」参照 
* 2 ドナルド・リチー「『もののあわれ』−−映画の中のヒロシマ」(ミック・ブロデリック編著『ヒバクシャ・シネマ』柴崎・和波訳、現代書館99年、収録)はこの映画の具体的局面での「障害」シーン4種を挙げる。①店じまいした飲み屋にまだノレンがかかっている。②駅で、真夜中なのに午後のアナウンスが流れた。③岡田英次が興奮状態のリヴァを平手打ちにする不自然。④駅で岡田が老婦人に語るセリフの現実味のなさ。 
 筆者(大井)は①②は気づかなかった。③は本文中に医療的解釈を述べた。④については   
 不自然なあらたまりかたに逆に文学的妙味を感じる。いずれにしても、リチーが指摘するよ
 うな、監督ほかの日本の風習への無知を冷笑する気には全く起こらなかった。
* 3 前掲*2の②参照                   





HIROSHIMA 1958 エマニュエル・リヴァの広島展 開催中です。

最新開催情報をレポートします。
openning.jpg
*オープニング・レセプションの様子
 (11月25日/クリック・ファームギャラリー)
g-1.jpg
ギャラリーG会場
g-2.jpg
ギャラリーGでの展示の様子1
g3.jpg
ギャラリーGでの展示の様子2
kenritu-2.jpg
広島県立美術館地下講堂会場入口
kenritu.jpg
広島県立美術館地下講堂会場での展示の様子
(ドキュメンタリー映像インスタレーション)

→もくじに戻る





映画『ヒロシマ・モナムール(邦題:二十四時間の情事)』の主演女優、エマニュエル・リヴァが撮影した1958年の広島の写真の発表を中心に、記憶と忘却のテーマを扱います。
古代ギリシアにおいて諸芸術を司るムーサたちの母親は、記憶の女神ムネモシュネでした。
広島の生き生きとした表情を捉えた写真が、女性によって記録されたことは偶然ではないかもしれません。記憶と芸術を結びつける女性に敬意を表した展覧会にしたいと考えています。

実施期間:平成20年11月25日(火)~12月7日(日)
会場:ギャラリーG、クリックファーム・ギャラリー,広島県立美術館地下講堂
趣旨:
戦後映画を代表する監督のひとりアラン・レネの長編映画『ヒロシマ・モナムール(24時間の情事)』撮影されて、今年で50周年を迎えます。戦後の広島を舞台に、男女の出会いをとおして、戦争の記憶と再生への希求を描いたこの傑作は、マルグリット・デュラスの原作とともに世界中で親しまれています。自らも第二次世界大戦に苦悩したデュラスの平和へのメッセージは、今日さらに重要さを増しているとも言えるでしょう。
昨年、映画に岡田英治とともに出演したフランス人女優、エマニュエル・リヴァが当時撮影した写真が発見されました。1958年当時の広島の子供たちを中心に、ロケの様子や当時の町が克明に記録されている貴重な写真です。私見では、アマチュアとは思えない、卓越した視線が伺える興味深い写真でもあります。リヴァさんは、これらの写真を、撮影されたカメラや、当時広島の人々から贈られた着物などとともに、大切に保管されていましたが、50年という節目に際して、ぜひ日本の人々にも見ていただけたらと考えていらっしゃるようです。
わたしたちは映画史にとっても貴重であり、また広島の歴史のためにも大切な、これらの写真を展覧会のかたちで紹介し、市民のみなさまと共有したいと願っています。
         HIROSHIMA 1958   港千尋(多摩美術大学教授)
                      マリ=クリスチーヌ・ドナヴァセル(元・東京日仏学院長)

主催:HIROSHIMA 1958、HIROSHIMA 1958「エマニュエル・リヴァの広島」サポーター会議
後援:広島市
協賛:駐日フランス大使館、東京日仏学院、エールフランス、クルチュール・フランス、エプソン、ニコン、吉井画廊
協力:広島市公文書館、広島日仏協会、広島市中央部商店街振興組合連合会、(株)インスクリプト、シネツイン、シネマキャラバン、ギャラリーG、クリックファーム・ギャラリー、NPO法人セトラひろしま

■内容:展覧会とトークショー
●展覧会
◆ギャラリーG会場
○会期:平成20年11月25日(火)~12月7日(日) 11:00~20:00 
*最終日17:00まで
○住所:広島市中区上八丁堀4-1公開空地内
*広電白島線-- 縮景園前電停下車
○展示内容:写真(半切版 20点)、リヴァさんの着物、カメラ等
○お問い合せ:TEL:082-211-3260
○入場料:無料

◆クリックファーム・ギャラリー
○会期:平成20年11月25日(火)~12月7日(日) 11:00~18:00 
*最終日は17:00まで
○住所:広島市中区白島中町2-10(社)シャルム白島101 
*安田学園・郵便貯金ホールの近く。アストラムライン白島駅下車徒歩2分
○展示内容:写真 (半切版 10点、8×10版 25点)
○お問い合せ:TEL:082-222-9054
○入場料:無料

【オープニング・レセプション】*港千尋氏を迎えて
○平成20年11月25日(火) 18:00~ 会場はクリックファーム・ギャラリー
○参加費:1,500円(参加自由)

◆広島県立美術館地下講堂
○会期:平成20年11月25日(火)~12月5日(金) 11:00~17:00 
*初日11月25日(火)は12:00~,12月1日(月)は休館日
○住所:広島市中区上幟町2-22
*市内路面電車・バス「縮景園前(しゅっけいえんまえ)」下車約20m
○展示内容:ドキュメント映像上映スライドショー(映像インスタレーション)
○入場料:無料

◆トークショー
○日時:2008年12月6日(土) 14:00~16:00
○会場:広島県立美術館地下講堂
○内容:
基調講演:港千尋(多摩美術大学教授)
トーク:エマニュエル・リヴァ
マリ=クリスチーヌ・ドウ=ナヴァセル(元・東京日仏学院長)
ドミニク・ノゲーズ(作家・批評家)
シルベット・ボドロ(スクリプター)
港千尋
○入場料:無料

◆レセプション
○日時:2008年12月6日(土) 17:00~19:00
○会場:ギャラリーG
○参加費:1,000円(参加自由)


◎トークショー参加者 略歴
○エマニュエル・リヴァ Emmanuelle Riva
女優。1927年生。舞台女優として活躍していたが、『二十四時間の情事』(レネ、1959)で映画初主演を飾る。続けて『ゼロ地帯』(ポンテコルヴォ、1960)、『モラン神父』(メルヴィル、1961)、『テレーズ・デスケルウ』(フランジュ、1962、ヴェネツィア国際映画祭女優賞)、『山師トマ』(同監督、1965)などの映画に出演。1969年、蔵原惟繕監督による石原プロ製作『栄光への5000キロ』に助演、話題を呼ぶ。その後の出演作に『自由、夜』(ガレル、1983)、『トリコロール/青の愛』(キェシロフスキ、1993)ほか。現在も活動を続けている。

○マリ=クリスチーヌ・ドウ=ナヴァセル Marie-Christine de Navacelle
元・東京日仏学院長(1996~2001)フランス外務省で映画担当官を務めたのち、来日。日本での任期中、ロベール・ブレッソン全作品上映特集(東京国際映画祭、1999年)を手掛けたほか、日本では知られることの少ない映画作品・映画作家の上映企画などに携わる。「東京の夏」音楽祭では〈音楽と映画〉プログラム(2000年)、〈音楽と文学〉プログラム(02年)に参加。ポンピドウセンターでの映画祭「シネマ・デュ・レエル」では、大島渚や今村昌平をフランスに紹介している(現在、名誉会員)。2004年から06年にかけて、フランス国立図書館での対談シリーズ「書くこと、撮ること」を『カイエ・デュ・シネマ』誌と共同企画。

○ドミニク・ノゲーズ Dominique Noguez
作家・映画批評家・エッセイスト。1942年生。小説『黒い愛』(1997)でフェミナ賞を受賞。映画に関する著作など多数。マルグリット・デュラスと10年近くにわたる親交をもつ。デュラスの映画をめぐる彼女自身へのインタビュー集『デュラス、映画を語る』(岡村民夫訳、みすず書房、2003。原著、1984)がある。『デュラス、マルグリット』(2001)につづき、2冊目のデュラス論の執筆を終えたばかり。1994年に京都に滞在し、その印象録である『私は京都で何も見なかった』(1997)も刊行。邦訳に『レーニン・ダダ』(鈴村和成訳、ダゲレオ出版、1990)、『人生を完全にダメにするための11のレッスン』(高遠弘美訳、青土社、2005)。

○シルベット・ボドロー Sylvette Baudrot
映画『二十四時間の情事』製作時のスクリプター(記録係)。高等映画学院(IDHEC)を卒業後、コクトー、タチ、ヒッチコック、ミネリ、ルイ・マル、ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン、コスタ=ガウラスらと仕事をし、現在もポランスキーのスクリプターを務めている。アラン・レネの作品のほとんどに関わっている。

○港千尋 Minato Chihiro
写真家、批評家、映像人類学者。1960年生。多摩美術大学情報デザイン学科教授。2007年にヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナーを務め、岡部昌三の作品を紹介。著書に『群衆論』(リブロポート、1991。ちくま学芸文庫、2002)、『記憶』(講談社、1996、サントリー学芸賞)、『映像論』(日本放送出版協会、1998)ほか多数。写真集に『瞬間の山』(インスクリプト、2001)、『文字の母たち』(同、2007)、『レヴィ=ストロースの庭』(NTT出版、2008)ほか。編著に『岡部昌三 わたしたちの過去に、未来はあるのか』(東京大学出版会、2007)ほか。写真家として、日本および欧米各地で展覧会を開催。

■連動企画:
「ヒロシマ・モナムール(二十四時間の情事)」上映   
○会場:シネツイン本通  ℡082-241-7711
○2008年11月22日(土)~12月5日(金) 毎日11:00~ 1回上映 
○料金:800円

戻る
■スケジュール

11月22日(土) 11:00 シネツイン「ヒロシマ・モナムール」上映開始 
11月25日(火) 
          11:00 港千尋氏、シネツイン舞台挨拶
ギャラリーG,クリックファーム会場オープン
          12:00 県立美術館地下講堂会場オープン 12:00~ 
          18:00 オープニング・レセプション
               (クリックファームにて、会費:1,500円、参加自由)

12月1日(月)  県立美術館会場 休み
12月4日(木)  リヴァさん一行 広島入り

12月5日(金)  
          12:35 リヴァさん舞台挨拶(シネツイン本通)
          17:00 県立美術館会場・展示終了 
12月6日(土) 
          13:30 トークショー 開場
          14:00~16:00 トークショー(県立美術館地下講堂、参加自由)
          17:00 レセプション(ギャラリーGにて・会費1,000円、参加自由)

12月7日(日)   リヴァさん一行広島発(広島-東京) 
          広島展終了

12月 8日(月)  リヴァ・岡田茉莉子のトーク 東京日仏学院にて
12月10日(水)  銀座ニコンサロンにて東京展オープン(10日~26日)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。